那賀高校は,連携型中高一貫教育 を那賀町の3中学校(鷲敷中相生中木頭中)と実践しています。
 

那賀高校エシカル消費宣言

那賀高校エシカル消費宣言

 

エシカルクラブ

エシカルクラブ
123
2018/12/20

(エシカルクラブ)古着deワクチンに寄付

| by:Web担当者
先日の那賀よしもちつき大会で残存した衣服の一部150着を「古着deワクチン」に2袋分協力させていただきました。
 

「古着deワクチン」とは,一袋分で5人分のポリオワクチン代金を寄付する活動です。寄付した衣服は,発展途上国で選別され,古着などが販売され雇用促進に貢献することができるそうです。
1人でも子どもの命が助かり,1人でも雇用される人がいることを望みます。
18:00 | 投票する | 投票数(5)
2018/12/15

(エシカルクラブ)那賀よしもちつき大会「服活」

| by:Web担当者
12月15日(土),第12回那賀よしもちつき大会が行われました。
この活動は,保護者や地域の方々との交流を含めることを目的としており,今年で12回目を迎えることができました。
昨年度から行っている「服活」も同時開催し,700着を超える秋冬服を展示しました。
 
寒空の中でしたが、わざわざ遠いところから足を運んでいただき,服活を利用してくださるお客様も多数いらっしゃいました。
開催時間が2時間半という短い時間でしたが,240着の服を譲渡することができました。
 

次回は2月17日のNAKAGAWA.FAM祭りで開催する予定です。ぜひお越しください。
13:00 | 投票する | 投票数(6)
2018/12/05

(エシカルクラブ)四季美谷温泉料理長によるジビエ講習会

| by:Web担当者
12月5日本校にてジビエ料理講習会が行われました。
講師として四季美谷温泉の中田料理長にお越し頂き,フードデザイン選択者11名が教わりました。
まず最初に,那賀町における鳥獣害の現状やジビエ料理とは何か,鹿肉の特徴,料理のしかたなどを講義形式でお話しして頂きました。
 

その後,四季美谷温泉での人気メニューである「鹿肉のまたぎ汁」「鹿肉竜田揚げ」「鹿スネ肉すじサラダ」の作り方を教えていただきました。
 

 

臭みが強い鹿肉ですが,手間を惜しまず臭み取りや筋切りをすることで美味しく頂けることや,高タンパク低カロリーでとても身体によいことなど,実習をしながら教えていただくことができました。
 

那賀町民よりも沢山存在する鹿肉を上手く利用することで,作物や原生林の害を少しでも減らすことに貢献できたらと,この講習会を通して学ぶことができました。
中田料理長様,お忙しい中お越し頂き,ありがとうございました。
14:00 | 投票する | 投票数(4)
2018/11/12

(エシカルクラブ)あなんまちマルシェ参加

| by:Web担当者
11/11(日)阿南商工業振興センターであなんまちマルシェが開催され,
本校エシカルクラブが「服活」で参加いたしました。
 
      【総勢14名参加】                【パネル展示】

 
   【ボランティアスタッフとして参加】        【パネルの前で服活の説明】

子供服とママの服を中心に1000余り展示したところ,
415着を譲渡することができました。
服の復活率は40.8%でした。

 
                    【服活ブース】    

   
       【本校の活動を説明】             【お客様いっぱいで大盛況】

先月行われた「南部地区消費者のつどい」で服活を利用された方が,このイベントに足を運んでいただき,今回も利用していただけました。
口コミで本校の活動が広がり,リピーターも少しずつですが増えつつあります。
また,エコバッグがとても好評で,「軽くて伸縮性が良く沢山はいるからいいね」と喜んでいただけました。

次回は,12/15(土)本校で行われる「那賀よしもちつき大会」で開催します。
先着200名様にお餅も配布いたします。是非ご来校ください。
09:39 | 投票する | 投票数(3)
2018/11/07

(エシカルクラブ)那賀町郷土料理講習会

| by:Web担当者
相生町にあるカフェあすなろの森さんと殿谷さんにお越しいただき,那賀町の郷土料理「かきまぜ」と幼い頃から親しみのある「そば米汁」を教えていただきました。
 

 

かきまぜとはちらし寿司のことで,那賀郡特産のゆずを使ったゆず酢を用いたお寿司のことです。
季節の食材と焼き魚やひじき・金時豆を具材として使用し,様々なイベントに提供されるのだと教えていただきました。

 
 【あつあつのご飯にゆず酢を混ぜる】   【具材を投入。切るように混ぜ合わせる】

おすしのお供にと,徳島県の郷土料理であるそば米汁を作りました。
ゆずの皮を刻み入れることで,那賀町のそば米汁に大変身。
鼻に抜けるゆずの香りがとても良く,家でも作ってみようと思うという声を聞くことができました。

 
    【錦糸卵と彩りにグリンピース】        【かきまぜとそば米汁の完成】


  【みんなで美味しくいただきました♫】

また,殿谷さんからゆず酢を使用したかきまぜは,塩分控えめなので身体に良いというお話や,日頃の食生活も塩分を取り過ぎないよう心がけることが大事ということもお話していただきました。
美味しい上にとてもためになる時間を過ごすことができました。
森さん,殿谷さんありがとうございました。
17:43 | 投票する | 投票数(4)
2018/10/29

(エシカルクラブ)南部地区消費者のつどい「服活」参加

| by:Web担当者
10/27(土)鷲敷中央公民館で「南部地区消費者のつどい」が行われました。
イベントブースで,本校のエシカルクラブによる「服活」が参加させていただきました。
650着展示し,405の譲渡を行うことができました。
服の復活率は62.3%あり,エシカル消費に貢献することができました。
来月11/11には阿南市で行われる「あなんまちマルシェ」に参加いたします。
子供服から年配の服まで幅広く展示する予定です。
ぜひ足をお運びいただき,エシカルファッションを楽しんでほしいと思います。
      

 

 

 
11:15 | 投票する | 投票数(3)
2018/10/25

(エシカルクラブ)大学生による出前授業 ジビエ料理講習会

| by:Web担当者
10/25(木)本校で,徳島文理大学短期大学部の学生14名との交流実習が行われました。

初めに,近藤先生による「シカ肉の機能性とエシカル消費について」の講義をしていただきました。野生鳥獣の食害対策とシカ肉の有効活用への取り組みや,シカ肉の栄養成分について学ぶことができました。
そして,長尾先生ご指導の下,短期大学部生が考案したシカ肉のボロネーゼスパゲッティとシカ肉のプルコギを一緒に作り,試食をしました。

     
【近藤先生による「シカ肉の機能性とエシカル消費について」の講義】
 
 【短期大学生によるオリジナルレシピの説明】      【プルコギを作っている様子】
 
 【ボロネーゼの盛り付け】
 
 
 
那賀町出身の生徒は,シカ肉を食べる機会が多いのですが、
初めて食べた生徒から「思っていたより臭みがなく美味しい」という感想を得ることができました。
シカによる食害を少なくする上で,家庭で簡単にシカ肉の活用ができればエシカルにつながるのではないかと思います。

来月には,四季美谷温泉の中田料理長によるジビエ料理講習会が行われます。
今回とはまた違う献立なので,とても楽しみです。

本日お越しいただいた文理大学の先生方・学生の皆さん。
遠いところをありがとうございました。
18:37 | 投票する | 投票数(1)
2018/10/22

(エシカルクラブ)インディゴコレクション2018本番

| by:Web担当者
10/21(日),藍住町教育委員会主催によるインディゴコレクション2018が行われました。
今年のテーマは「藍の魅力向上!」
"藍"に親しみ,"藍"を楽しむ。"藍"をもっと身近に! をコンセプトに
普段から着用できるシャツを製作しました。
たくさんのお客さんが見られている中,エシカルファッション「服活」の広報活動を行うことができました。
参加した生徒は,スポットライトを浴びながらランウェイを歩くことがとても恥ずかしかったようですが,
藍染め体験をすることで,藍の良さを知り,藍の虜になってしまったようです。
 

         

  
10:58 | 投票する | 投票数(3)
2018/10/13

(エシカルクラブ)インディゴコレクション2018 ウォーキング練習

| by:Web担当者
10/13(土)藍住町役場にて,インディゴコレクションの第2回目ウォーキング練習に参加しました。
本校からは2人,西岡さん(2年生)と河野さん(3年生)が参加します。
服活で回収した衣服を藍染めし,新しい息吹を吹き込んだシャツを身にまとい,
エシカルファッションの広報活動を行うのを目的としています。


 

来週の本番に向けて,ポージングや動線を考えながらウォーキングしました。
まだ少しぎこちないですが、本番は笑顔でウォーキングできたらと思います。
16:00 | 投票する | 投票数(5)
2018/10/12

(エシカルクラブ)カーブス・アピカ店に服活ブース設置

| by:Web担当者
10/12(金)「服活」に協力いただいているカーブス・アピカ店にて,
期間限定で,服活ブースを設置していただきました。
 
    【服活の概要説明をしている様子】       【服活ブース設置】

「ちょっと外出するときの羽織がほしかったのよね。」
「このズボン,これからの時期に重宝しそう。」
「この服いただく代わりに,我が家に眠っている服持ってくるから活用してね。」
とおっしゃっていただけました。
 
   【利用者さんが服を吟味中】           【感想を書いてもらいました】

20着置かせていただいた衣服は,1日で10着譲渡することができ,
服の復活率は50%でした。
定期的に衣服を入れ替え,持って帰っていただく予定です。
16:06 | 投票する | 投票数(3)
123

2019年版那賀高校学校案内

 2019年度版
 那賀高校学校案内
 
 Anyone can be a Star!

 2019学校案内.pdf
 

メニュー

ホーム校長室より学校紹介森林クリエイト科行事予定学校行事部活動防災教育・防災クラブエシカルクラブ若鮎寮より学校評価特色ある取り組みWeb版せせらぎ新聞進路状況いじめ防止基本方針人権教育課より教育相談課より中学生の皆さんへ保護者の皆さまへ生徒の皆さんへ事務室より図書館の一般開放についてアクセスマップ

姉妹校セントメアリーズ校

COUNTER483792
オンラインユーザー19人
QRコード
携帯サイト用QRコード