校章と校訓

校章と校訓について
 
 
 ----------絵文字:星校章絵文字:星-----------
  絵文字:星校章の由来
 那賀高校が新野高校の分校から独立開校したのは,昭和27年9月1日です。
 初代校長井沢孝三先生は若い力を結集して新しい歴史を創造しみんなで躍進していこうという決意の表れとして,「7つの力」を結んだ校章が生まれました。当時校章の図案を広く一般から募集しましたが,ほとんど木頭林業地帯にちなんだ木の葉をあしらったものが多かったそうです。しかしその中にただ一つだけ「水」を表現したものがありそれが現在の校章になりました。作者は当時那賀川地域の教育をリードされていた相生町出身の滝本顕正先生ですが,先生のことばによれば,「木も水も人間生活の源であるが,特に学校横を流れこの地方に多くの恩恵を与えている那賀川を象徴として取り入れた。那賀川の〝なか〟をとって〝力〟という字を七つの環(たまき)に組み,それを若い人々に必要な〝七つの力〟にもじりました。」そして七つの力とは,誠・愛・努・健・行の五つと,自然の力を大きくあらわす水と緑を含めた力の環であるということです。その後,那賀高校は昭和47年に20周年を迎え,農林科より普通科に転科し,昭和31年制定になる校歌にも,「質実の風,光をはなち,自主の精神,脈うつところ,七つの力,環なす,校章かざせば,心は信(むす)ぶ,見よ那賀高校学燈著し」とその校章の精神がうたい込まれ,若鮎のような若人達が,勉学にスポーツに,日々の努力を重ね,その素晴らしい校風と伝統を一層向上発展させています。
----------絵文字:星校訓碑絵文字:星-----------
 


 絵文字:星校訓
「誠実・研学・協調」 


誠実
…他人や仕事に対して、まじめで真心がこもっていること。


研学
…学問をますます深めること。


協調
…性格や意見の異なった者同士が互いにゆずり合って調和をはかること。力を合わせて事をなすこと。

 


 

2020年度版那賀高校「学校案内」

 2020年度版
那賀高校「学校案内」
 
 Anyone can be a Star!

 2020年度版那賀高校「学校案内」.pdf

 
 異常気象時の登校については,
こちらをご覧ください
気象警報発令時における登校について.pdf
 

メニュー

ホーム校長室から学校紹介森林クリエイト科学校行事進路状況行事予定部活動防災教育・防災クラブエシカルクラブ若鮎寮から学校評価特色ある取組Web版せせらぎ新聞いじめ防止基本方針人権教育課から教育相談課から中学生の皆さんへ保護者の皆さまへ生徒の皆さんへ事務室から図書館の一般開放についてアクセスマップ

姉妹校セントメアリーズ校

QRコード
携帯サイト用QRコード
 
オンラインユーザー64人
COUNTER610770