新着情報
7/5(金)四国大学出前授業のあと、「エコみらいとくしま」を訪問しました。 大学生が有志で活動するHOP(徳島県学生地球温暖化防止活動推進員)のお話を聞かせていただきました。 また、「いろどり屋」が本校と同じような「服活」の活動をされているので、情報交換させていただきました。 お互いの活動の中で、助け合いながらできることが多々あるということが分かったので、 今後は協力しながら活動していきたいと思います。
7/5(金)四国大学で「服活出前授業」を行いました。 加渡先生の「消費者市民社会」の授業の中で、本校の活動実績報告と大学生と参画して行うプロジェクトの協力依頼をしました。 協力をお願いしたのは次の2点です。 芳藍祭で服活ブースを設置することと、回収した服の中から数点「藍の館」で藍染めさせていただき、サステナブルファッションを広報することです。 100名を超える大学生を前に、とても緊張しましたが、 私たちの取り組みや熱い思いを受け取っていただき、真剣に話を聞いていただけました。 興味を持っていただいた方に講義の後残っていただき、今後の予定について話し合いをしました。 7月末まで服の回収、8月に藍染め、11月に学祭「芳藍祭」の流れとなっています。 楽しみながら、環境に配慮した生活が送れるよう、私たちから発信していきたいです。      
 カヌー部のインターハイと野球部の夏の選手権に向けた、壮行会を行いました。 非常に暑い中ではあったのですが、両部の生徒も大会への明確な目標を全校生徒に告げることで、 これまで以上にモチベーションを高めたように思います。 みなさんも両部の応援をどうぞよろしくお願いいたします。     
令和6年度学校運営協議会 第1回会議が6月10日(月)に行われました。 1 開会 2 出席委員紹介 3 学校長挨拶 4 会長及び副会長の選出 5 協議  (1) 学校経営方針について  (2) 教育課程の編成について  (3) 学校評価計画について   (4) コミュニティ・スクールを通した取組について  (5) 各委員からの提言等について 6 その他 7 閉会
制服の余り生地をアップサイクルし、エコフラワーを作製する「TEAM EXPO 2025」プログラムに参加しました。 カンコー様は、SDGsの取り組みとして、制服の製造過程の廃材(余り生地)を使って、学校に「エコフラワー」を咲かせるプロジェクトを全国の小学校・中学校・高校で展開し、大阪・関西万博の共創チャレンジに登録されています。 「共創チャレンジ」とは、大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」を実現するため、自らが主体となって未来に向けて行動を起こしている、または行動を起こそうとしているチームの活動のことです。   100本あまりのエコフラワーを縫製班・企画班で製作しました。 カンコー様のホームページに掲載して頂いておりますのでご覧ください。 https://kanko-gakuseifuku.co.jp/company/challenge#naka https://kanko-gakuseifuku.co.jp/company/challenge_photo#naka  
6/25(火)2年フードコース選択者と3年福祉コースの生徒が茶摘みをしました。 いつもお世話になっている湯浅茶園さんの茶葉を摘ませていただきました。 その後、摘んだ茶葉を茹でて揉んで漬け込む一連の作業工程を体験しました。 今年は湯浅茶園のお宅を訪問し、専用の釜で茹でたものを選別したあと、機械揉みするところを見学させていただきま した。また、一部の生徒は学校で茹でて洗濯板で揉む作業を行いました。 摘んだ茶葉が多かったので、今年は樽にしいた茶葉を踏んで空気を抜く作業も行い、大きな樽2/3の量の茶葉をつけ込むことができました。 「おいしくなぁれ」といいながら漬けた茶葉は これから2~3週間寝かせ、晴れた日に一気に干します。 茶葉を提供していただいた湯浅様をはじめ、社協の樫森さん・地域協力隊の皆様、 ご協力いただきありがとうございました。            
6/14(土)グランフロント大阪で開催されているETHICAL  EXPO 2024in大阪を見学しに行きました。 一般社団法人ETHICAL EXPO JAPANが主催。 「Z世代が連携してつくる日本」と題し、 企業や大学の団体がETHICALについて様々な観点からブースを出店しており、すべてのブースのお話を聞きました。 生徒達は熱心にメモをとったり、トークセッションに耳を傾けておりました。 本校の活動についても大学ブースの方に紹介したり、互いに情報交換をする良い機会となりました。      
6月18日(火)、保育基礎選択者が、あいおいこども園保育実習に行きました。 2~5歳児クラスをそれぞれが担当し、一緒に遊戯室で遊んだり、工作して楽しみました。 5歳児クラスでは、茶道を一緒に学ばせていただきました。 園児達から「おにいちゃん」「おねえちゃん」と呼ばれ、生徒達は照れくさそうに笑っていました。 短時間でしたが、とても癒やされ、充実した時間を過ごすことができました。        
6月12日(水)に合同会社アーツクリエーションのご指導の下、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が定めた無人航空機操縦技能コースにおける所定のカリキュラムを33HR15人全員が無事に修了することができました。ライセンスの申請は来年の1月にする予定です。
6/12(水)、1年生の家庭基礎の授業に、菅公学生服株式会社の米澤様を講師としてお迎えし、 洗濯に関する基礎知識と、制服の扱い方などについて教えていただきました。 洗濯用洗剤に含まれる界面活性剤の作用や取り扱い表示、制服の洗濯の仕方や保管方法など、 クイズ形式で楽しみながら学習することができました。 成績上位3名には洗濯用洗剤セットと賞状をいただきました。 本校には寮が3棟あり、全校生徒の1/3が在寮しています。 今回の出前授業を活かし、適量洗剤・洗い方・服の扱い方をマスターしてほしいと思います。        
6月13日(木)、四国大会壮行会がZOOMで行われました。 カヌー部員が大会に向けての思いを一人一人が発表しました。 校長先生や生徒を代表して生徒会長からの激励の言葉を胸に、 明日、愛媛県へ旅立ちます。 カヌー部の皆さん、ベストを尽くせるよう頑張ってください。 応援しています。  
那賀町にある新体育館トモニアリーナ那賀で「親子deなかくる」が開催されました。 あいにくの雨でしたが、たくさんの方に来場していただき、 キッズダンスやまなまるさんによる弾きしゃべりうなど活気あふれるイベントとなりました。 本校からはエシカルクラブ「服活」・フォレストクラブによるワークショップ・丸山組のキッチンカーが出店。 地元那賀町の方に、本校の活動を知っていただく良い機会となりました。 服活では、子ども服を150着・大人服を250着程度用意し、125着(服活率31.9%)を譲渡することができました。   次回は、7/8~19まで阿南市役所1階で長期服活を行います。 回収ボックスも常設しておりますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。        
  6月10日(月)、今年度2回目の那賀高人権デーの放送を行いました。22HRが担当し,テーマは「アイヌの人々」でした。北海道に住むアイヌの人々の文化や生活について学び、アイヌの人々の歴史や文化、そして彼らが経験してきた困難について理解を深めることは、私たちがより公正で包括的な社会を築いていく上で大切です。 皆、真剣に考えワークシートに取り組んでいました。 
5月31日(土)~6月3日(月)にうだつアリーナ、池田総合体育館で徳島県高等学校総合体育大会が開催されました。 【試合結果】 グループ予選 那賀 対 阿波高校  2 - 1   20-25   25-18   25-21 決勝トーナメント 第1回戦 那賀 対 川島高校  0 ― 2   17-25   15-25 会場が、うだつアリーナと那賀高校からは遠方にも関わらず卒業生や保護者の方、先生方をはじめ、たくさんの方々に応援していただきました。本当にありがとうございます。 次の大会ではもっと納得のいく試合ができるように強みを伸ばし、弱点を補強できるよう、日々練習に励んでいきます。たくさんのご声援、本当にありがとうございました! 
6/2(日)、心空研修に3年生1名、1年生2名が参加しました。 まず太龍寺にロープウェイで登り、太龍寺副住職のお話を伺いました。 後半は、ロープウェイ麓にある、この秋オープンする「心空」の運営についての研修がありました。那賀町観光協会会長や「心空」オーナー、徳島大学院生などの方々との顔合わせがありました。その中で、地域に残る文化の在り方、継承について、今後は若い人たちの創造力に期待したいとの言葉をいただきました。  
先日のマルシェでクリエイターさんに残布の提供を呼びかけたところ、段ボール2箱分のハギレをいただきました。 「高校生の活動なら・・・」「服活よく利用しているので是非♬」と十数名のクリエイターさんが協力してくださいました。 今年は、シミがついて服活に出せない服やハギレを利用して小物づくりにチャレンジしています。 秋のマルシェでは、ワークショップも企画しておりますので楽しみにしていてください♬      試作品:ブラウスを利用したリース       試作品:デニムを利用したツリー  
5月30日(木)4限目に、今年度2回目の人権学習ホームルーム活動を実施しました。  1年生は「インターネットによる人権侵害」  2年生は「感染症患者等と人権」  3年生は「公正な採用選考をめざして」 をテーマに、グループワークや動画の視聴などをとおして学習しました。    インターネットやSNSの利用は生徒達に身近で毎日のように利用するものであるため、気を付けなければならないことがたくさんありました。  感染症はハンセン病患者への差別の歴史を学びました。過去の出来事ですが、現代でも感染症への間違った認識による差別は起こりうるため、自身の生活に生かして欲しいです。  不当な採用選考に出合ったとき、どのように対応すべきか学ぶことが出来ました。  ぜひ御家庭でも人権問題について話をしてほしいと思います。    
5/28(火)、フードデザイン選択者が『ビーンズ・あい』を訪問し、郷土食である「はんごろし」の作り方を教えていただきました。 那賀町名物「はんごろし」は、あんこをうるち米ともち米のご飯で包み、そのまわりにきな粉をまぶした、 いわゆるおはぎです。「はんごろし」は、米粒を半分だけつぶしているため、昔からこのように呼ばれているそうです。 ちょうどいい具合に米を半分潰すのですが、この作業がなかなかの重労働。 「これを毎日作るのは体力がいりますね」「おばあちゃんたち、スゴい!」と思わず心の声が生徒から漏れていました。 三班に分かれて分業し、上手に作ることができました。 余ったあんこをパクリとつまみ食いした生徒は「うまいっ」と満面の笑み♡ みんな一パックずつお持ち帰りし、残りは先生方にお裾分けしました。 ビーンズあいの皆様、ありがとうございした。ごちそうさまです♬                
5/27(月)、今週末から始まる総合体育大会に向けて壮行会が開かれました。 7つの運動部が、総体に向けての意気込みや決意を発表しました。 校長先生からの激励の言葉や生徒代表からの応援の言葉をうけ、身が引き締まる思いでした。 熱い想いを胸に力を込めて校歌をうたいあげ、士気を高めました。 悔いの残らないよう、精一杯頑張ります!!          
 5月24日(金)、森林クリエイト科三年生林業専攻班4名が、小松島西高校の生活文化科二年生の皆さんと『木製看板』でつながりました。小松島西高校さんから藍染め施設の「藍の館」の看板を新しくするため、森林クリエイト科に相談がありました。美しく磨き上げたヤマザクラ製の看板(厚さ5cm、幅150cm、重さ約30kg)を担当した3年生4名が届けました。文字は小松島西高校の書道の先生が仕上げるそうです。生活文化科の皆さんは大きな看板を見て驚いていました。
5/25(土)にふれあ健康館で「消費者まつり2024」が開催され、エシカルクラブとフォレストクラブが出店しました。 エシカルクラブは、参加される年齢層に合わせたすてきなおしゃれ着を84着用意し、72着譲渡(服活率85.7%)することができました。 フォレストクラブは、和柄コースターやスマホスタンドなどの小物を用意し、たくさんの方に手に取っていただけました。 午後からは、「あなたの消費者力は大丈夫?」と題した講演会を聞いたり、消費者クイズにチャレンジしました。 また、悪質商法にひっかからないようにするためのVR動画体験にも参加し、消費者力を高めることができました。     すだちくんとイヤヤンと一緒に記念撮影♬   次のイベントは6/9(日)、とくぎんトモニアリーナ那賀で開かれる「親子deなかくる」です。お楽しみに。
地域創生を目指す仁木基裕さんが、生徒達のために出張講義を開いてくださいました。 太龍寺ロープウェーの麓にあるへんろ宿「そわか」がコロナ禍の影響により、休業を余儀なくされました。 高校生と地域の力で地域活性化を実現すべく、協力して活動していきます!!!  
中間テスト最終日、寮の大掃除をしました。 居室と、分担掃除場所を念入りに掃除をし、とても綺麗になりました。 よく動き、おなかがすいたので、女子がお菓子作りにチャレンジ。 オーブンがないため、電子レンジで作れるチョコドーナツを作りました。 初めてのお菓子作りで戸惑う場面がありましたが、 上手に作ることができました♡♡  
29日を服の日とし、5月の校内服活の準備をしました。 今年流行のサロペットやショート丈のトップスなどを用意しました。 生徒の皆さん、普段着用しないような服にチャレンジし、新しい自分を発見してみませんか??     鷲敷デイサービスセンターに服の入れ替えをしに行きました。薄手の春夏服を32着展示しました。 デイサービス利用者の方々が笑顔で服を手に取り持って帰ってくれることを想像しながら陳列しました♡ 利用者の皆さん、来週のデイの日を楽しみにしていてくださいね。
 1年生2名と3年生1名がチームを組んで、写真甲子園に出品しました。入学して間もないこの時期に、時間もない中での撮影は、ハプニングの連続でした。 今回は初戦で落選してしまいましたが、今年度の地域探究活動の中で出会う那賀町の自然や人々の撮影を軸に、技術の向上を目指します。 那賀高生による新たな発信に取り組みます!!  
 5月22日(水)フォレストキャンパス那賀の演習林で、今年度で9期生になる森林クリエイト科20名が、フォレストキャンパス入山式を行いました。入山式には徳島県南部総合県民局の須恵次長はじめ、4名の関係者が来席し、「将来の林業後継者の活躍に期待しています」と、激励の言葉を頂きました。この後1年生は9月に伐木講習をフォレストキャンパスで実施いたします。
 5月23日(木)那賀町ビジネスセンター研修室で、森林クリエイト科一年生20名が、刈り払い機の技能講習を受講しました。午前中は、安全管理に関する労働基準に関わる学科講義を行いました。午後からは、実際に機械を使い、草の刈り払いを全員が体験しました。機械操作がなれていると講師の先生が褒めてくださいました。無事、全員が合格し、一年生は最初の資格を取得しました。
 5月23日(木)那賀高校の図書室で、全国の中学生を募集する、テーマ別説明会がzoomで実施されました。今年度より、那賀高校は「地域みらい留学」という全国的規模のプロジェクトに参加し、全国から那賀高校に興味のある中学生を募集する活動を始めました。トップバッターは、地域探究同好会のメンバーで、テーマは「山の近く」です。緑に囲まれて、美しい川が流れ、暖かい地域の方が応援してくれる元気あふれる那賀高校を、おもいっきりPRしてくれました。次回の開催はこちらをご覧ください。 徳島県立那賀高等学校 個別相談会 | 地域みらい留学 (c-mirai.jp)  
 5月23日(木)、普通科二年生が地域資源活用フィールドワークで、那賀町のひらの図書へでかけました。那賀町の地域おこし協力隊「藤本雪絵」さんが先々週の出前授業でひらの図書室にきて是非、廃校になっている平野小学校を見に来て、お手伝いをしてくださいと依頼があり、早速おじゃましました。5月人形の片付け、ひまわりの種をプランターに播く作業、本棚づくり、本の整理、庭園の環境整備など、多くの困りごとを、30分程度で終えました。帰りに、グランドの鯉のぼりと、整備した庭で記念撮影をしました。
5月18日(土)に行われた杜のマルシェ 晴天に恵まれ初夏の陽気。 一般参加者800名・イベント関係者やスタッフを合わせると1100名が参加し、大盛況でした。 408着用意し、188着譲渡できました。服活(復活)率は46.1%でした。 この春卒業したエシカル部員からの陣中見舞いもあり、大学生活について聞くこともできました♬   25日(土)は徳島市内にある、ふれあい健康館で『消費者祭り』が行われます。 大人女子向けの服を用意します。是非お越しください。    
新入部員を9名迎え、今年度の高文祭に向けてキャンパスの準備に取りかかりました。 初めての作業で戸惑う一年生に、丁寧に手順を教える2・3年生の姿が とても微笑ましく感じました。 秋の作品展に向けて、思い思いに描いてほしいと思います♬    
5/18(土) 杜のホスピタルで「杜のマルシェ」 5/25(土)ふれあい健康館で「消費者まつり」 6/9(日) とくぎんトモニアリーナ那賀で「親子deなかくる」 以上の3イベントに服活出店します。  是非お越しください。  
5月9日(木)、体育館で生徒総会を行いました。 福井生徒会長の挨拶の後、各委員会より今年度の目標と活動内容が紹介されました。 また、生徒からの要望が発表され、各担当の先生からの回答があり、前向きに検討する事案もありました。 よりよい学校生活が送れるよう、意見を出し合い改善していきたいと思います。  
昨年度活動してきた有志の地域探究チームは、今年度から地域探究同好会として活動します! 第1回のミーティングは、SDGsを取り入れたワークショップです。1年生から3年生までの混合グループでアイデア創出に取り組みました。 また、第3回には地域おこし協力隊の重さんも来校してくださり、今後の活動に期待している、と生徒達に伝えてくださいました。 地域課題に向き合い、自分たちのやりたいことの実現のために行動し、地域の方々の協力を得て、学んでいきます。  
 5月2日(木)、全校集会がzoomを活用して実施されました。大栗校長より「二十四節気は、季節の移ろいを自然や人々の営みに即して言い表しています。自然と共に生きてきた人々の生活の知恵がぎゅっと詰まっているものです。日々の生活の、何気ないところに学びの種があります。興味を持ったことに自分の好きな方向からアプローチし、考え探究することは、進路を考える上でとても大切になってきます。」との講話がありました。    
5月1日(水)、今年度1回目の那賀高人権デーの放送を行いました。23HRが担当し,テーマは「オリンピックと人権」です。7月にフランスのパリで夏季オリンピックが開催されるにあたり、スポーツの祭典を通して、多様な文化や生き方や価値観について考える良い機会となりました。 皆、真剣に考えワークシートに取り組んでいました。  
4月30日(火)7限目に、今年度1回目の人権学習ホームルーム活動を実施しました。 1年生は「人を思うこと~立場、見方を変えて考えてみよう~」、2年生は「防災と人権」、3年生は「進路選択と人権」をテーマに、グループワークや動画の視聴などをとおして学習しました。   差別の不当さや自分が差別に遭遇したらどうすべきか、自分が差別する側にならないようにするための知識。被災した状況で人権を保つために必要なこと。相手の立場にたって考えることで人を思いやることができること。など授業担当の先生方が丁寧に伝えられ、みんな真剣に話を聞いたり、意見を出したり、人権についてさらに考える時間となりました。   ぜひ家庭でも人権問題について話をしてほしいと思います。
 4月23日(火)、1年生対象に「スマホ・ネット安全教室人権教室」がzoomを活用して実施されました。NTTドコモの中山和久氏より、スマホ・ネットの安全な使い方等について講話があり、その後、人権擁護委員の亀島啓司氏より人権について講話がありました。身近な課題がテーマということもあって、積極的にワークに取り組んだり、真剣に聞いたりする姿が印相的でした。
地元の「わじきこども園」「あいおいこども園」に春夏用子ども服を持って行きました。 お持ち帰りいただけるよう、玄関先に展示させていただきました。 1年でサイズアウトしてしまう子ども服を活用することが、エシカル活動となります。 本校エシカルクラブから発信し、みんなで循環&エシカルの環を広げていきたいと思います。 予告!! ・5/18 「杜のマルシェ」に出店します。 是非お越しください。
 4月19日(金)、今年度初めての学校安全の日がありました。生徒会を中心に各部活動で担当場所を決めて、交通安全の啓発活動を実施しました。大きな声で挨拶を交わす爽やかな朝の活動でした。
令和6年4月20日から藍住町民体育館、アミノバリューホールで開催される徳島県高等学校バレーボール選手権大会に参加 予定でしたが、体調不良者が複数名でたため、大会への参加が難しくなりました。 バレー部を応援してくださっている皆様、那賀高バレー部の元気な姿をお届けすることができなくてすみません。 気持ちを切り替えて、次は県総体に向けてチーム一丸となって一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いします。
 4月12日(金)、新入生対象に、野外体験活動を那賀町鷲敷野外活動センター(B&G)で実施しました。1年生が8班に分かれて、課題解決レクレーションや野外炊飯(防災食づくり)を体験しました。出会って数日の同級生との活動で、はじめは不安な顔をしていましたが、活動をとおして仲良くなり、笑顔や笑い声がたくさん聞こえてくるようになりました。みんなで充実した時間を過ごすことができました。  
 徳島県立那賀高等学校は、那賀川の中流域に位置する、自然環境豊かな地域に根ざした学校です。「協調・研学・誠実」の校訓のもと、生徒一人一人を生かす教育を行っています。  各学年普通科2クラス、森林クリエイト科1クラスの計9クラスあり、173名が在籍しています。小規模な学校であるため、生徒同士また生徒と教職員はとても仲が良く、毎日元気でさわやかなあいさつを交わしています。  県下唯一の普通科と森林クリエイト科(農業科)の併置校として、そのメリットを生かし、様々なことにチャレンジしたいと考えております。  本校教育の特色をいくつかご紹介します。  まず一つ目は、「連携型中高一貫教育」の実践校であり、平成13年度にスタートしました。那賀町内の3中学校(鷲敷中学校、相生中学校、木頭中学校)と授業や部活動等で連携し、互いによい効果と刺激を与え合っています。  二つ目は、特徴的な教育課程です。  普通科では「コース選択制」を実施しています。1年生については、基礎的な内容に重点を置く「Aコース」と応用的な内容も学習する「Bコース」、2・3年生については、総合コース(「情報ビジネスコース」「福祉コース」)...
今年1年間、手に取っていただけなかった服を梱包し、「古着deワクチン」に提供しました。 古着deワクチンとは、認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会を通じて開発途上国の子どもたちにポリオワクチンが届けられ、一口につき5人の命を救うことができる活動です。 本校は、毎年提供させていただいています。 提供するには1口3,300円必要となります。イベントで「服活」を利用してくださっている方に協力していただき 今年も活動することができました。 ご協力くださった皆様方、ありがとうございました。 古着deワクチンホームページ  https://furugidevaccine.etsl.jp/