学校行事

令和3年度学校行事

大塚製薬株式会社徳島ワジキ工場をリモートで見学しました。

 1月14日(金),大塚製薬株式会社徳島ワジキ工場の見学を,Microsoft teamsを使ってリモートで行いました。まずは,担当の方に,会社の概要説明と工場のライブ中継をしていただきました。ワジキ工場は,働くためだけの場所ではなく,地域の人々に向けた広場やしだれ桜まで見られる総合的な施設だということに生徒は驚いていました。

 後半部分では,昨年度の卒業生でワジキ工場に勤める2名からお話を聞きました。高校生から社会人になってわずか10ヵ月のお二人でしたが,その説明する様は堂々としており,現在の在校生にも非常に良い刺激となりました。話のあとは,生徒からたくさんの質問が飛び交い,大塚製薬株式会社について知識を広げるだけでなく,社会人に必要な知識まで学ぶことができたことは,今後の進路決定にも大きな意味を持つと思います。

 会の最後は,生徒会長の平くんがお礼の言葉を伝え,「先輩のお話にあった,5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)は今すぐにでも実践していきたい。」という言葉で締めました。

三学期始業式が行われました!

 1月11日(火),三学期始業式と表彰伝達がzoomを活用して行われました。山本校長先生より,「皆さん,元気な様子が見られて嬉しく思います。新型コロナウィルス感染症の再拡大によって,学校生活において更に注意が必要となりました。いくつかの活動が変更になりますが,感染予防と体調管理に十分気をつけて,よりよい学校生活が送れるよう頑張ってください。」との挨拶がありました。また,始業式に先駆けて表彰伝達も行われました。

 

二学期終業式と表彰伝達が行われました!

 12月23日(木),二学期終業式と表彰伝達が体育館で行われました。表彰伝達では多くの生徒が壇上に上がり表彰されました。終業式では山本校長先生より,「3年生は進路決定した生徒もいますが,最後までチーム一丸となって頑張ってください。また,充実した冬休みを過ごしてください。」とお話がありました。

生徒会役員任命式が行われました!

 12月20日(月),生徒会役員の任命式が校長室で行われました。校長先生から役員一人一人に任命証が手渡され,「那賀高校では以前より地域との交流が盛んでしたが,コロナ禍で交流が少なくなっている現状があります。感染状況を見ながらですが,引き続き地域と根強い関係を持って活動を頑張ってください。」との励ましの言葉がありました。生徒会長の平君は,「他の生徒の模範となれるように,日頃から自覚を持って行動していきます。」と決意の言葉を述べました。

交通安全講話を実施しました!

 12月20日(月),体育館において,阿南警察署交通課 坂本和則氏を講師に迎えて,交通安全講話を実施しました。先日,小松島市で起こった痛ましい交通事故にも触れられ,この機会に交通安全について再度考え、十分に注意して毎日を送ってほしいとお話されました。

卒業証書用の拝宮和紙を作製しました!

 12月14日から3日間,3年生が卒業証書となる手漉き拝宮和紙づくりを体験しました。那賀高校の実習棟には専用の作業場があり,森林クリエイト科の生徒は授業の中で体験済みで手慣れていましたが,普通科は初めて体験する生徒も多く,作業に戸惑う様子も見られました。丁寧に作業を進めて,世界に1つだけの卒業証書のための和紙を漉くことができました。

球技大会(2日目)を行いました!

前日の予選トーナメント,リーグ戦を経て本日は決勝戦が行われました。

2日間とも天候に恵まれ,少し動けば汗ばむくらいの中で精一杯プレーしました。

2競技とも最後には,優勝チームと教員チームとのエキシビジョンマッチが行われました。

3年生にとっては最後の球技大会となりましたので,思い出に残ってくれれば嬉しいです。

 

生徒会役員引き継ぎ式と2学期球技大会を行いました!

球技大会の開催前に,新旧の生徒会役員引き継ぎ式が行われました!

前生徒会長の西君から挨拶があり,新生徒会長の平君が新役員を紹介し,代表して挨拶をしました。

 

 

 

引き継ぎ式が終わった後は,バレーボールとサッカーの競技が行われました。

天候にも恵まれ,元気にプレーする姿が印象的でした。

 

 

 

【2学期期末考査】(数学B)タブレットで試験を実施!

12月7日(火),本日から期末考査が始まりました。

3年生のテストでは,タブレットでの試験を試みました。

 

 

Microsoft Office Teamsを活用して試験データを配布し,

各自ダウンロードしたデータから試験を行います。今回はExcelの実技試験です。

試験直前,自宅にタブレットを持ち帰った生徒は,インターネットがなかなか繋がらないなどの

トラブルはありましたが,無事試験を実施することができました。

 

数時間しかExcelを学習できなかったため,慣れないExcelの試験に苦戦しながらも,

タッチパットを巧みに使いながら,生徒たちは関数の入力,表やグラフの作成を行っていました。

 

数学Aや数学Bで学習する統計データの基本的な処理について,Excelを活用すれば関数やグラフでの処理が

簡単にできることを体験できたのではないかと思います。 

 

Z世代に生きる生徒たちの操作能力の向上にはさすがだなと感じます。

また,今後ペーパーレスでの試験実施の可能性についても探ることができました。

令和3年度ダムサポート事業 水源の森保全活動を実施しました!

 11月16日(火),例年行われているダムサポート事業 水源の森保全活動に1年生が参加しました。木沢林業研究会の亀井裕人氏による講演の後,各クラスごとに「那賀町なかなかの森」へ移動し植樹作業を体験しました。参加した生徒たちは初めての体験で緊張し,慣れない作業に四苦八苦しながら作業を進めていましたが,怪我もなく無事に終えることができました。森林クリエイト科は植樹後,周辺を散策しながら樹木の名前や生態について学びました。