とくしま探究プロジェクト事業

とくしま探究プロジェクト事業

動物 木頭ラーニングジャーニー 神山まるごと高専×木頭地区移住者×那賀高校

 1月14日日曜日,神山まるごと高専の佐野准教授が企画された「木頭ラーニングジャーニー」に,地元高校として那賀高生も参加させていただきました。高専生と地域の方々の熱量を感じ,多様な視点に触れる事ができました。特に,同世代である高専生の姿勢に那賀高生も刺激を受けていました。最後には「地域を未来に繋げるために」をテーマに,グループワークを行いました。出身地や年齢,バックグラウンドの異なるメンバーでのトークは,非常に有意義で大いに盛り上がりました。

 那賀高生達は,自然環境や文化など,また新たな活動に意欲を示しています。今後も地域の力を頼りに,地域の方々と協働して未来に繋げていきます。

   
 まるごと高専生と未来コンビニで買い物 谷 省二さん(ゆず農家 元村議会議員)のお話
   
未来コンビニにて 未来コンビニデザイナー ウノサワケイスケさんトーク
 

Wood Head山櫻プロジェクトについて  西田さん 四国のツキノワグマについて 安藤さん 
   
 神山まるごと高専 学校紹介 「地域学」の取り組み 那賀高校プレゼン
木頭地区移住者の方々 「地域を未来に繋げるために」 グループトーク 

我が事ツアー「那賀町を知る」  徳島大学×那賀高校

 12月26日火曜日,徳島大学COC+R事業「実践型インターンシップ」の学生が計画したツアーが開催されました。地域が抱える問題を知り,自分事として捉え,解決に向けて行動できるよう計画されました。訪問する先は,観光地でも有名人でもなく,地域のリアルでローカルな部分です。地元の方や地域おこし協力隊の方にも話を聞く事ができました。

 移動中のバスの車内では徳大生がバディとなり,問題に対し多角的な視点で考える事,大学での専攻分野,なぜこのインターンシップに参加しているかなど,多くの話し合いがなされました。このツアーを踏まえ,多角的な視点を持って,どう行動に移していくかが試されます。「総合的な探究の時間」をはじめとした那賀高校の種々の活動において,ツアーに参加した生徒達がリーダーとなって牽引していく事を期待しています。

    On Tuesday, December 26th, the "Practical Internship" tour organized by Tokushima University's COC+R project took place. The tour was planned by students to gain an understanding of the issues facing the region, to perceive them as personal challenges, and to take action towards resolution. The destinations visited were not famous tourist spots or renowned figures but focused on the authentic and local aspects of the community. The students had the opportunity to engage with local residents and members of the regional revitalization kokecooperation team.

    During the bus journey, Tokushima University students paired up as buddies, engaging in discussions on approaching problems from various perspectives, their academic majors, and their motivations for participating in this internship. Based on this tour experience, the challenge lies in translating these multifaceted perspectives into action. It is expected that students who participated in the tour will take on leadership roles and guide various activities at Naka High School, including "Comprehensive Inquiry Time." We anticipate these students to lead and inspire, drawing upon the diverse perspectives gained from the tour.

    在12月26日星期二,德島大學COC+R計畫組織的「實踐型實習」遊學活動成功舉辦。這次遊學由學生策劃,旨在深入了解該地區面臨的問題,將其視為個人挑戰,並採取行動解決。所參訪的地點並非著名的旅遊勝地或知名人物,而是聚焦於社區的真實和本地特色。學生有機會與當地居民以及區域振興協作團隊成員互動。

     在巴士旅途中,德島大學的學生搭擋成雙,參與討論從不同角度解決問題的方法,他們的專業領域,以及參與此實習的動機。根據這次遊學的經驗,挑戰在於將這些多元的觀點轉化為實際行動。預期參與遊學的學生將擔任領導角色,引領那賀高中的各種活動,包括「綜合探究時間」。我們期待這些學生能以遊學所得的多元觀點帶領並激發他人。

 

 土砂流出による堆積と公共工事との関連性  Ken’s ギャラリーの中野さんによる「かきまぜ」講座
 Ken’s ギャラリーの「かきまぜ」弁当  Ken’s ギャラリーの写真が使われた木頭ゆずパンフレット

 

 

 

 

 

 鹿の角や毛皮(夏毛と冬毛) 地域おこし協力隊吉田さん講演にて  白瀬トンネル建設予定地

 

 

 

 

 

 山腹崩壊による橋の流出現場  橋の流出により使用されていない廃トンネル

※実践型インターンシップとは、学生が学んだ理論や知識を実践的な経験として得るためのインターンシップ形式です。

"Practical internship" is a form of internship where students gain practical experience applying the theories and knowledge they have learned in a real-world context.

"實習型實習" 是一種實習形式,學生透過在實際場境中應用所學的理論和知識來獲得實用經驗

台湾の生徒達と「地方創生」パネルディスカッションを行いました。 新化高級中學×那賀高等学校

 12月12日,台湾から新化高級中學の方々が来校し,本校と交流を図りました。交流会の中で,「地方創生」をテーマにパネルディスカッションを実施しました。学校がある新化地域の現状をプレゼンしていただきました。限られた時間の中ではありましたが,那賀地域との比較により,違いや共通点も見えてきました。生徒達はもっと議論したかったと,不完全燃焼の様子でした。今後,英語を介しての持続的な「地方創生」交流に意欲を示しています。

      On December 12th, students from Shinhua Senior High School in Taiwan visited our school, and we engaged in an exchange program. During the exchange event, we conducted a panel discussion on the theme of "regional revitalization." They presented the current situation of the Shinhua region where their school is located. Although time was limited, through a comparison with the Naka region, we were able to identify differences and commonalities. The students expressed a desire for more discussion and seemed eager for ongoing "regional revitalization" exchanges through the medium of English.

 12月12日,來自台灣新化高級中學的學生們參訪了我們的學校,我們進行了一場交流活動。在這次交流活動中,我們進行了以「地方振興」為主題的座談會。他們介紹了他們學校所在的新化地區的現狀。雖然時間有限,透過與那賀地區的比較,我們能夠找出差異和共通點。學生們表達了對進一步討論的渴望,並顯得渴望透過英語進行持續的「地方振興」交流。

木頭産業文化祭に参加してきました。

 12月3日,日曜日。木頭産業文化祭で活動ポスターや徳島大学生との実践型インターンシップの様子を展示してきました。大学生連や殿様連による阿波踊り,地域おこし協力隊の活動報告,産直市など,エネルギーに溢れた文化祭でした。

 また,地域の方々に話を聞く中で,那賀町への思いなどのアンケートもとらせていただきました。話を聞かせていただいた皆さんが,高校生のような若者と話すだけでも元気をもらえる,とおっしゃっていました。生徒達も直接その言 葉を聞き,今後の活動へのモチベーションが高まっているようでした。現地に出向かなければ分からない,住民のリアルな言葉を聞くことが出来た貴重な機会となりました。

12月26日には徳島大学生との共同企画である那賀町木頭地区ツアーを予定しています。

      On December 3rd, Sunday, I exhibited activity posters and scenes from practical internships with students from Tokushima University at the Mokuto Industry Cultural Festival. The festival was vibrant with events such as Awa Odori by university and feudal lord dance groups, activity reports from regional revitalization teams, and a local products market.

During conversations with local residents, we also conducted surveys to understand their feelings towards Naka Town. Many of those who shared their thoughts mentioned that just talking with young people like high school students could lift their spirits. The students, having directly heard these words, seemed to have their motivation boosted for future activities. It was a valuable opportunity to hear the real words of the residents, something that can only be understood by going to the actual location.

  12月3日(星期日),我在木頭產業文化節上展示了與德島大學學生一起進行的實習活動海報和實地實習的場景。文化節充滿活力,有大學和封建領主舞蹈團的阿波踊り,地區振興團隊的活動報告,以及一個地方產品市場等活動。

在與當地居民的對話中,我們還進行了調查,以了解他們對那賀町的感受。許多分享想法的人提到,與像高中生這樣的年輕人交談只是聊天就能提升他們的心情。學生們聽到這些話後,似乎對未來的活動充滿了動力。這是一個寶貴的機會,能夠聽到居民真實的言論,這是只有親身到實際地點才能理解的事情。

 

木沢へ行ってきました。

 11月19日に地域探究ツアーを実施しました。前日までの天候不良により那賀川源流調査を諦め,放置ゆず・すだち狩りに予定変更しました。

 午前中は四季美谷温泉で開催されていた源流コンサートにて,清流座による人形浄瑠璃やピアノ演奏などを観覧しました。その後,温泉近くの複数の滝を巡り山道を散策しました。初めて那賀奥を訪れた生徒もおり,印象的な体験となりました。温泉のレストランでジビエ料理を堪能する生徒もいました。

   On November 19th, we conducted a community exploration tour. Due to adverse weather conditions until the day before, we had to give up on the investigation of the Naka River headwaters and instead changed the plan to participate in the abandoned yuzu and sudachi fruit-picking.

  In the morning, we attended the Source Concert held at Shikibi Valley Onsen, where we enjoyed performances such as puppet theater and piano by the Seiryuza group. Afterward, we explored several waterfalls near the hot spring and walked along mountain paths. Some students visited Naka's depths for the first time, making it a memorable experience. There were also students who savored game dishes at the hot spring's restaurant.

     11月19日,我们进行了一次社区探究之旅。由于前一天的恶劣天气,我们不得不放弃对那賀川源头的调查,改为参与了放置柚子和酢橘的采摘计划。

  上午,我们参加了在四季美谷温泉举行的源流音乐会,在那里我们欣赏了清流座团体的人偶戏和钢琴演奏等表演。之后,我们探索了温泉附近的几个瀑布,并沿着山间小径漫步。一些学生第一次访问那賀的深处,这是一次令人难忘的体验。也有一些学生在温泉的餐厅品尝了野味料理。

 

 午後は,相生地区に戻り放置ゆず・すだち狩りです。すだちの収穫時期が相生晩茶の収穫時期と重なっているようで,人手が足らず,すだちの収穫を諦めざるを得ないようです。収穫時期が過ぎ黄色くなったすだちは酸味が和らぎ,甘みも出てくるため,そのまま果実を食べることもできました。持ち帰ったゆずとすだちは,食品加工や精油抽出などの探究活動に使用します。有機栽培や経営の話など,様々な話を聞きながらの作業となり,有意義なものとなりました。

 In the afternoon, we returned to the Aioi area for the abandoned yuzu and sudachi fruit-picking. The harvesting period for sudachi seems to overlap with the harvesting period for Aioi evening tea, leading to a shortage of manpower, and it appears unavoidable to give up on harvesting sudachi. Once the harvesting period had passed, the yellowed sudachi exhibited milder acidity and emerging sweetness, allowing us to eat the fruit as is. The yuzu and sudachi we brought back will be used for exploration activities such as food processing and essential oil extraction. The work, accompanied by various discussions including topics related to organic cultivation and management, proved to be meaningful.

 下午,我们回到相生地区进行搁置柚子和酢橘的采摘。橙柚的收获期似乎与相生晚茶的收获期重叠,导致人手短缺,似乎不可避免地放弃了对橙柚的采摘。一旦过了采摘期,泛黄的橙柚表现出较温和的酸度和逐渐显现的甜味,使我们可以直接食用这些水果。我们带回来的柚子和橙柚将用于食品加工和精油提取等探究活动。这项工作伴随着各种讨论,包括与有机栽培和管理相关的话题,被证明是有意义的。

セルロースを糖化しています。The saccharification of cellulose

 From Science to Community Revitation

3年生森林クリエイト科の「化学探究」授業内で取り組んできた実験の一部です。木材を加工する際に出た廃棄予定の鉋屑から,セルロースを分離,分解,糖化する定性実験を行った様子です。精油抽出に使用した鉋屑からバイオエタノールを作っています。

  本来であれば捨てられるはずの廃棄物に、新たな付加価値を持たせることで、別の新しい製品に生まれ変わらせることを「アップサイクル(Upcycling)」と呼びます。本校では森林クリエイト科の実習で出る廃棄物や,地域課題である放置ゆずなどの未利用資源に,新たな価値を生み出そうと探究しています。木材やゆずからエッセンシャルオイルを水蒸気蒸留法で抽出する際の熱エネルギーも,自分たちで創り出したバイオエタノールでまかなえることができれば面白い,というところから,この実験はスタートしました。

 「アップサイクル」の全てが良いことばかりではないことも,生徒達は学んでいます。常に,環境に配慮しているかどうかを自問自答し,「グリーンウォッシュ(Green Washing)」に陥らないよう,日々,実験に取り組んでいます。

     This is a portion of the experiments conducted during the "Chemical Inquiry" class in the third-year Forest Create Science course. The images show a qualitative experiment where cellulose was separated, decomposed, and saccharified from the planned waste shavings generated during wood processing. Bioethanol is being produced from the shavings used for essential oil extraction.

     By imparting new added value to waste that would normally be discarded, the process of transforming it into another new product is referred to as "Upcycling." At our school, we are exploring ways to generate new value from the waste produced during the Forest Create Science course, as well as from underutilized resources such as abandoned yuzu (citrus fruit), which is a local issue. The idea originated from the desire to use bioethanol created by ourselves to cover the heat energy required for steam distillation when extracting essential oil from wood and yuzu.

     Students are learning that not everything about "Upcycling" is entirely positive. They constantly question whether they are environmentally conscious and strive to avoid falling into "Green Washing," working diligently on experiments every day.

We aim to revitalize Naka Town by harnessing its resources to create new energy.
 

   这是在第三年的“化学探究”课程中进行的实验的一部分,属于森林创造科。这些图像展示了在木材加工过程中产生的计划废弃的刨花中,从中分离、分解和糖化纤维素的定性实验。从用于提取精油的刨花中正在生产生物乙醇。

    通过为通常会被丢弃的废弃物注入新的附加价值,将其转化为另一种新产品的过程被称为“Upcycling(升级循环)”。在我们的学校,我们正在探索如何从森林创造科课程产生的废物以及诸如被遗弃的柚子(柑橘水果)等未被充分利用的资源中产生新的价值,这是一个地方性问题。这个想法起源于使用我们自己创造的生物乙醇来弥补在从木材和柚子中提取精油时所需的蒸汽蒸馏所需的热能。

     学生们正在学习“Upcycling”并非完全积极的一切。他们不断质疑自己是否具有环保意识,并努力避免陷入“Green Washing(绿色洗白)”,每天都在实验中努力工作。

我们旨在通过利用那賀町的资源创造新能源来振兴那賀町。

 

 

学校運営協議会で那賀町をプレゼンしました。

 那賀高校学校運営協議会にて,生徒達がこれまでの取り組みの成果を発表しました。徳島大学生物資源産業学部准教授 山村様,大塚製薬株式会社徳島ワジキ工場長 高須賀様,那賀町職員の方々を前に堂々とした立ち振る舞いでした。様々な立場からの提言をいただくとともに,生徒達の活動の際にお力を貸していただけると力強い言葉をいただきました。生徒達も場数を踏むごとに,たくましく成長しています。

  At the Naka High School School Management Council, students presented the results of their efforts to various guests, including Associate Professor Yamamura from the Faculty of Bioresource Sciences at the University of Tokushima, Director Takasuka from the Tokushima Wajiki Plant of Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd., and officials from Naka Town. During the presentation, the students shared their opinions and proposals on revitalizing Naka Town and asked questions to the guests.

  We received valuable suggestions from individuals in different positions, and they offered encouraging words, expressing their willingness to support the students' activities. As the students gain more experience, they are growing resilient and capable.

  在那賀高中學校運營協議會上,學生向各位嘉賓展示了他們的努力成果,包括德島大學生物資源科學系的山村副教授、大塚製藥株式會社德島和喜工廠的高須賀主任,以及那賀町的官員。在發表過程中,學生分享了他們對振興那賀町的意見和提案,並向嘉賓提問。

  我們收到了來自不同職位的寶貴建議,他們提供了鼓勵的話語,表示願意支持學生的活動。隨著學生獲得更多經驗,他們變得更加堅韌和有能力。

 

 

探究の可能性

 10月26日(木)、熊本県で行われた農業クラブ全国大会熊本県大会の意見発表部門で、森林クリエイト科3年 来見佳祐君が最優秀賞ならびに文部科学大臣賞を受賞しました。(記事はこちら

 発表内容は,昨年度から継続して取り組む「未利用森林資源となる木質バイオマスの可能性の探究」をテーマにした化学実験などについてです。令和四年度徳島県教育会研究指定校(*徳島教育令和5年5月号より 指定校報告 那賀高等学校.pdf)として採択され,活動してきたことが実を結びました。那賀町の森林資源や放置ゆずなど,生徒たちが郷土の問題に目を向け,解決に向け行動を起こし始めています。(昨年度の抜粋記事 本年度は「とくしま 探究プロジェクト」を通し,生徒たちが社会問題に向き合う態度,能力を獲得すべく,Well-beingを重視した地域活性化の方法について探究します。

      On October 26th, in the Agricultural Club National Conference Kumamoto Prefectural Tournament, Mr. Keisuke Kurumi, a third-year student belonging to the Forestry Create Department, received the Best Presentation Award and the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology Award. 

     The presentation focused on ongoing research since the previous academic year, exploring the potential of unused forest resources as woody biomass. Recognized as a designated school for research by the Tokushima Prefectural Board of Education in the 4th year of Reiwa (from the May 5th issue of Tokushima Education, see Designated School Report from Naka High School.pdf), the efforts of the students have borne fruit. They have turned their attention to local issues in Naka Town, such as forest resources and neglected yuzu which is Japanese Citrus, and have begun taking action towards solutions (see excerpts from last year's articles ①②③④⑤).

In the current academic year, through the "Tokushima Exploration Project," students will investigate methods for regional revitalization emphasizing Well-being, aiming to acquire the attitude and skills to confront societal issues.

        在10月26日,于熊本县举行的农业俱乐部全国大会熊本县赛中,属于森林创造系的三年级学生来见佳祐先生荣获最佳演讲奖和文部科学大臣奖。

       演讲侧重于自上一学年以来的持续研究,探讨未利用的森林资源作为木质生物质的潜力。作为令和四年度德岛县教育委员会研究指定学校(参见德岛教育令和5年5月号,查看来自中高级学校.pdf的指定学校报告),学生们的努力取得了成果。他们关注了那贺町的地方问题,如森林资源和被忽视的柚子(日本柑橘),并已开始采取行动寻求解决方案(参见去年文章的摘录①②③④⑤)。

         在当前学年,通过"德岛探索项目",学生们将调查强调幸福感的地区振兴方法,旨在培养面对社会问题的态度和技能。

徳島大学生に那賀町をプレゼンしました!

 徳島大学から「実践型インターンシップ」を那賀町で実施する学生が来校しました。ツキノワグマやシカをテーマにしたアイスブレイクでスタートし,45分間の那賀高生によるプレゼン,最後に質疑応答というスケジュールでした。生徒達は夏休みに実施した那賀町ツアーの経験も生かし,タブレットでの共同編集でスライドを仕上げてきました。45分という長時間のプレゼンテーションでしたが,大学生とのやりとりを交えながらそれぞれの個性が表れたものに仕上がりました。その後の質疑応答でも,大学生や大学の先生方,地域おこし協力隊の方々からの様々な質問に自分たちの言葉で回答していました。

  Students from Tokushima University who  participate in a "Practical Internship" program. This session began with an icebreaker activity focusing on Asian black bear (Tsukinowaguma) and deer (Shika). The schedule included a 45-minute presentation by Naka High School students. 

  The students reflected on  the Naka town Summer tour Experience, and made a lot of slides with tour companions using tablets. Despite the extended 45-minute presentation, they demonstrated their individual personalities while  engaging with the students of Tokushima University. During the subsequent question-and-answer session, they confidently responded to various inquiries from university students, professors, and members of the regional revitalization team in their own words.

  来自徳岛大学的学生参加了一项名为“实践型实习”的项目。这个活动以亚洲黑熊, 和鹿, 为主题进行了一个破冰活动。日程表包括那香高中学生进行的45分钟演讲。

    学生们回顾了他们在那香镇夏季旅行的经历,并使用平板电脑与旅行伙伴一起制作了许多幻灯片。尽管演讲时间延长到了45分钟,但他们在与徳岛大学的学生互动时展现出了个性。在随后的问答环节中,他们以自己的话语自信地回答了来自大学生、教授以及地区振兴团队成员的各种问题。
 

    

    

↑ アイスブレイクの様子です。見学に来た先生方も参加しています。(Icebreakers)

    

↑ プレゼンテーションと質疑応答の様子です。(Presentation)

COC+R事業参加校共同授業「徳島の魅力、徳島で働く」に参加しました!

 8月31日に徳島大学で開催された夏期集中講義「徳島の魅力、徳島で働く」に那賀高生18名が参加しました。徳島大学をはじめとした県内学生に混ざり,実際の集中講義に参加できた貴重な体験となりました。本校が取り組んでいる地域探究活動を踏まえたグループワーク等も取り入れてくださり,大学生の思考を体感することができました。質問や全体発表などに非常に積極的に取り組み,大学生に負けじと奮闘していました。

    On August 31st, 18 students from Naka High School participated in the summer intensive lecture titled "The Charm of Tokushima and Working in Tokushima" held at Tokushima University. It was a valuable experience for them to join the lecture alongside students from other universities in the prefecture and engage in actual concentrated learning. The program also incorporated activities such as group work based on the regional exploration efforts that our school is involved in, allowing them to experience the thought processes of university students.

  They actively participated in asking questions and making group presentations, demonstrating with  University students.

 八月卅一日,在德島大學舉辦的暑期密集講座「德島的魅力,德島的工作」有十八位那賀高中的學生參加。他們有幸與來自德島大學和其他本縣學校的學生一起參加了實際的密集講座。這是一個寶貴的體驗。此外,該講座還引入了基於我們學校參與的地區探索活動的小組合作等活動,使他們能夠體驗到大學生的思考過程。他們在提問和參加整體發表等方面積極主動,與大學生一同學習。